野生の人文学

思考の壁をぶち破り創造的破壊へ。人文ベンチャー起業家、チャーリー北川のブログ

情報はインプットするよりゼロ化するほうが難しい

f:id:charliekit:20180503160320j:plain


こんにちは!野生の人文学家、チャーリー北川です。

 

皆さんお仕事でそれぞれ自分の専門知識をお持ちのことと思いますが、専門性が増すほどに外とのコミュニケーションが難しくなる経験ってお持ちじゃないでしょうか?

仕事の知識だけでなく、自分が好きなインディーズバンドのことだったり、小さい頃から持っている哲学的な問いだったり。

突き詰めれば突き詰めるほど、前提知識の差は広がり、他人に説明するのが面倒くさくなりますよね~。

 

昔は周りの人たちと自分との共通土台になる情報量・内容にそこまで差はありませんでしたが、今や活版印刷&インターネットの発明で莫大な情報知識が氾濫しています。

 

専門性を深めればどこまでも深められる。

しかもそれがタダ同然で手に入る。

 

 

多様性があるのは良いことですが、裏を返せば皆持っている知識がてんでバラバラで共通が取りにくい、ということ。

そしてその流れは今後どんどん加速していく気がします。

 

そんな中、これから求められる能力は情報をインプットする能力じゃなくて、ゼロ化して相手との共通認識をイチから丁寧に作っていける能力じゃないかな、と思うこの頃です。

 

仕事で一番分かりやすいのは営業ですかねぇ。

製品・サービスの中身に自信がある人ほど、専門的な解説に嵌ってしまって、ふと我に帰ればお客さんが困り顔をしている、というのはよくある失敗談です。

私自身も最近それをすごく感じてます笑

 

自分の戒めも含め、このタイトルでちょっと書いてみました。

じゃあゼロ化するにはどうしたら良いのか??

無とは何かを悟り知ること!!

special.nr-grp.net

 

世間のHow Toは何があるのか、こんどリサーチしてみよ~。