野生の人文学

思考の壁をぶち破り創造的破壊へ。人文ベンチャー起業家、チャーリー北川のブログ

日々これネタである

こんにちは!野生の人文学家、チャーリー北川です。

目出度くこのブログの累計アクセス数が300超えました!

嬉しいなぁ。見てくださった皆様ありがとうございます。

 

しかしながら、今日はゆるっと行きます。

そもそもは、「とにかく何でもよいから書き続ける」が目標でしたからね。

アクセス数が伸び始めるとどうしても頑張っちゃいますが、何か良い記事書かなきゃ!という変な焦りも芽生え始めたので、一回クールダウンです。

 

でも、ブログを書き始めると面白いもので、日常の見え方が変わってきますね。

端的に言うと、ネタ探しにアンテナを張り始めて周りを良く観察するし、自分に悩みがあったりストレスがかかったときでも、これをネタにしてしまえ!という発想が生まれてきます。

 

ちょうど今週プロジェクトチームの中でミスをしてしまってメチャ凹んだんですが、翌日くらいに「あ、これネタになるわ」と。

記事にするため自分の頭の中を整理することで、ミスに対する反省にもなったので一石二鳥でした。

 

松本人志がすべらない話の中で言っていたことだと思うのですが、同じ現象を見ても面白く話せるヤツと面白く話せないヤツがいる、と。

私完全に後者なんですが笑、ブログを書き続けていくことで日常の観察眼がアップグレードされていきそうな気がするなぁ。

 

とはいえ、書きたい記事の構想も頭の中には溢れているので、徐々に言語化して記事にしていきたいと思います。